Eres amable

新NISA制度でお金を少しずつ増やそう!FPが解説する投資のポイント

お問い合わせはこちら ご予約はこちら

新NISA制度でお金を少しずつ増やそう!FPが解説する投資のポイント

新NISA制度でお金を少しずつ増やそう!FPが解説する投資のポイント

2024/05/04

皆さんこんにちは。最近、日本政府が新しい投資制度NISA(少額投資非課税制度)を開始しました。この制度を活用することで、小額から始められる投資でお金を少しずつ増やすことができます。今回は、FPが解説するNISA投資のポイントについてお伝えします。是非ご覧ください。

目次

    新NISA制度とは?

    新NISA(少額投資非課税制度)は、2024年1月1日から開始された制度で、投資で得た利益にかかる税金が0円になる節税メリットが特徴です。旧NISA(一般・つみたて)と比較して、非課税保有期間や口座開設期間が無期限化・恒久化され、年間投資枠や非課税保有限度額も拡大されています。また、資産を売却した商品の取得価額分の枠で翌年以降に再利用できる非課税保有枠の再利用制度も導入されています。投資信託は複数設定されており、自分がリスクを許容できる証券会社や商品を選べることも大きなメリットです。ただし、投資リスクがあるため、初心者の場合は専門家のアドバイスを聞いてから取り組むことをおすすめします。FPの立場からは、長期投資による資産形成の手段としてNISAを活用し、節税効果を狙うことがプランニングの一つとなるでしょう。

    投資の基本ポイント

    投資をするにあたって、まず押さえておきたい基本ポイントがあります。それは、リスクとリターンです。 リスクは、投資したお金が元本割れをするなどの損失が発生する可能性を示します。また、リスクには様々な種類があります。例えば、市場リスク、金利リスク、通貨リスク、信用リスクなどが挙げられます。 一方で、リターンは投資したお金から得られる収益のことです。これも様々な種類があり、株式投資の配当や株価上昇、債券投資の金利収入などが挙げられます。 投資は、リスクに見合うだけのリターンがある場合に行うべきです。つまり、リスクを把握し、リターンについてもしっかりと分析することが重要です。また、これらの情報を踏まえて、自分にあった投資先を選ぶことも必要です。 最近では、投資には様々な方法があります。例えば、株式投資や債券投資、不動産投資、投資信託やETFなどが挙げられます。それぞれの投資先には、得られるリターンやリスクが異なるため、自分のライフプランに合った投資先を選択する必要があります。 投資は、リスクとリターンを理解し、十分に情報を収集し、自分にとっての最適な投資先を選択することが大切です。これらの基本ポイントを押さえて、賢く投資を行いましょう。

    分散投資でリスクを抑えよう

    FPとは、ファイナンシャルプランナーの略称で、お金の管理にかかわるアドバイザーのことです。今回は、FPがお金の管理に関して特に重視する投資についてお話しします。 いくら投資を行っても、それに伴うリスクはつきものです。しかし、分散投資を行うことでリスクを抑えることができます。分散投資とは、1つの投資先に全額を集中させるのではなく、複数の投資先に分散させることをいいます。 分散投資をすることで、1つの投資先が失敗しても他の投資先によってリスクを軽減できます。また、複数の投資先を持つことによって、投資先ごとにリスクを計算することができ、リスク分散ができるため、より安定的な運用が可能になります。 ただし、分散投資を行うためには、複数の投資先を選定する必要があります。その際に、投資先の業種や資産の種類など、異なる要素を考慮して投資先を分散することが重要です。そして、その投資先に関する情報をしっかりと調べ、リスクを把握することも欠かせません。 分散投資は、投資に伴うリスクを抑えるうえで効果的な手段の1つです。FPとして、クライアントがリスクを抑えた運用をできるようにアドバイスするためにも、分散投資について学ぶことが大切です。

    自分に合った投資商品を選ぶ方法

    投資商品はたくさんあり、自分に合ったものを選ぶことが重要です。まずは、自分の投資目的やリスク許容度を明確にしましょう。例えば、積極的なリターンを求めるならば、株式やハイリターン債券などが適しているでしょう。逆に、保守的な投資を望むのであれば、国債や定期預金などがおすすめです。また、自分での投資に自信がない場合は、投資信託やETFなどを利用するのも良いでしょう。さらに、商品選びには手数料や信託報酬、税金なども重要なポイントです。長期の投資を考える場合は、このようなコスト面にも注意を払いましょう。最後に、投資商品の評価やランキングなどを確認することも大事です。自分に合った商品を選ぶためには、投資に対しての理解と情報収集が必要です。FPとの相談や資産運用の専門家へのアドバイスも、より良い選択をするために役立ちます。

    将来の目的に合わせて投資戦略を考える

    将来の目的に合わせて投資戦略を考えることは、FPの重要な仕事の1つです。FPは、クライアントの現状を調査し、彼らの長期的な目標を評価します。そして、クライアントが将来的にどのような収入や貯蓄を必要とするかを理解し、 投資によってそれを達成するための計画を立てます。例えば、子供の大学の学費を払うために10年後に必要となる額を計算して、そのためにどのような投資をするべきか、また選択肢について注意深く調べる必要があります。FPは、リスク管理と資産アロケーションにも精通しています。彼らは、資産がより多く、また効率的に換金できる投資方法を選ぶこともできます。投資戦略は、個々のクライアントに合わせることが重要であり、FPはそのための十分な分析を行い、将来を見据えたプランを提供することが求められています。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。